ビットコイン海外購入比較 - ビットコインのあれこれを比較してみました

HOME » ビットコインのあれこれ » ビットコイン海外購入比較

ビットコイン海外購入比較

ビットコインをはじめとした仮想通貨の特徴のひとつとして世界共通であることがあげられるでしょう。
世界共通の通貨としての位置づけがなされており、枠組みも国境も超えることから注目されています。
また為替などとも異なり24時間取引が行えることも魅力のひとつです。
そんなビットコインを日本国内で購入する場合と海外が購入する場合で一部異なる部分があるのはご存知でしょうか。
国内と海外で購入した場合の比較を行ってみましょう。

ビットコインを購入する際には販売所または取引所から購入を行う必要があります。
日本であれば国内の取引所や販売所を利用するのが一般的です。
個人登録を行うことで海外の取引所からも購入や売却などを行うことも可能です。

国内と海外で大きく異なる部分がビットコインの価格です。
国内での取引価格と海外各国での取引価格が異なる理由は様々ですが、流通量や国によって制限などがあることが多いです。
そのため日本で購入したビットコインを海外の取引所に送金して売るなんていうことも可能です。
アービトラージと呼ばれるトレード手法であり、そのような形で利益を得ることも可能です。

国内と海外取引所での大きな違いはやはり仮想通貨の量でしょう。
国内の主要取引所が扱っている仮想通貨の2倍や3倍程度の仮想通貨を扱っている取引所も少なくありません。
そのためこれから人気が出る仮想通貨などへ投資を行うなんていうこともできます。
現在のビットコインは高騰している部分もあり、若干投資しづらい側面がありますが、新規仮想通貨などであれば将来性も加味した上で投資しやすいです。
しかし中には無意味な仮想通貨もあるため、初心者が選択して投資するのは難しいということも考えられます。

また国内のビットコインと比べて、海外のビットコインの方が一日の値動きが激しい傾向にあります。
値動きに関してはボラティリティと呼ばれていますが、ボラティリティが高い方が利益を取りやすいことも多いです。
逆にボラティリティが高いことで損をすることもあるので、投資対象として考えていない方にはあまりメリットが無いかもしれませんね。

実際に利用するにあたっては国内取引所の方がわかりやすく、利用しやすいのがポイントです。
わからないことや不明な点があればサポートも開かれていますし、電話番号などにかけることでいざというときの問い合わせもできます。
ビットコイン初心者の方は国内の取引所から始めるのが無難といえるでしょう。
慣れてきたらより多くの仮想通貨を扱っている海外取引所を利用してみるのも良いかもしれません。