ビットコインの手数料比較 - ビットコインのあれこれを比較してみました

HOME » ビットコインのあれこれ » ビットコインの手数料比較

ビットコインの手数料比較

ビットコインを購入する際に取引所や販売所の手数料を比較することは大切です。
取引する機会が多くなく、投資目的としてビットコインを長期目線で保管する方であればあまり気にならないかもしれませんが、一日を通して多く取引を行ったり、まめに売買したい方であれば手数料についてはしっかりと検討しておくべきでしょう。
手数料を少しでも抑えて取引を行うためにも比較を行ってみましょう。

ビットコインは仮想通貨と呼ばれていますが決済システムのひとつとして成り立っています。
個人間の取引であれば手数料などを気にせずとも決済を行うことが可能ですが、販売所や取引所など運営を行う会社によって提供されているサービスを利用する場合には手数料が発生します。
またこれらのサービスを介して取引する場合だけではなく、送金や出金する場合にも手数料が必要となる場合があります。
手数料については各々考え方がありますが、サービス利用料として考えるのが一般的ではないでしょうか。

販売所でビットコインを購入する場合には手数料が必要となります。
また販売所で購入する、または売却する価格に関してはあらかじめ上乗せされていることが多く、取引所などと比べても割高に感じることがあるでしょう。
しかし急場であっても取引することができるので使い方次第によっては利便性が高いといえるでしょう。

取引所でビットコインを購入する場合には手数料が必要となりますが、口座開設などには費用がかからないことが多いです。
元手が無しで利用することができるため利用料としての手数料になります。
口座を作成したら現金で入金処理を行うことでビットコインを購入することが可能になります。
現金を入金処理する際には、利用している銀行の振込手数料と同様に、300円から756円の手数料が必要になることがあります。
即時入金することができるクイック入金の場合であっても、手数料が必要なことが多いです。

ビットコインの現物取引を行う場合、取引所によって手数料が異なります。
一般的にはビットコイン購入した金額の0.01%から0.15%の手数料が必要になることが多いです。
取引所によっては取引の際の手数料をキャッシュバックするというシステムを敷いていることがあります。
指値注文が成立した場合、手数料をキャッシュバックしてくれるなどと注文内容が指定されていることがありますが、少しでも安く手に入れたい方にはおすすめです。
また預かり入れに関しては多くの取引所は無料となっていますが、払い出しに関しては手数料がかかることもあるためあらかじめしっかりと確認しておきましょう。