仮想通貨とビットコインの比較 - ビットコインのあれこれを比較してみました

HOME » ビットコインのあれこれ » 仮想通貨とビットコインの比較

仮想通貨とビットコインの比較

仮想通貨やビットコインの話題、ニュースはもちろんネットメディアなどで大々的に取り上げられていることも多いです。
否が応でも目に付くビットコイン、なんだか興味が湧いてきたという方がいてもおかしくはないでしょう。
ビットコインや仮想通貨の概要を知るにはぜひ購入してみるのがおすすめです。
これから購入してみようと考えている方のために、仮想通貨とビットコインの比較を行ってみましょう。

そもそも仮想通貨とビットコインはどのような違いがあるのでしょうか。
仮想通貨システムのはじまりはビットコインが開発されたことによります。
2009年ごろにビットコインが誕生してから、日本で爆発的に知名度を集めるまでにおよそ10年ほどの時間を要しています。
その間にもビットコインをはじめとした仮想通貨の整備が進み、今日では販売所や取引所も増え誰でも気軽に購入や取引を行うようになりました。
整備が進むにつれてビットコイン以外の仮想通貨も登場し、それらが仮想通貨として総称されるようになったのです。

厳密にはビットコイン、その他の仮想通貨に関してはアルトコインと呼ばれています。
アルトコインとはオルタナティブコインの略称で、日本語では代替コインとして呼ばれています。
ビットコインは本家本元のコインであり、そのシステムを流用したものすべてがアルトコインとなるのです。
ビットコインとアルトコインは同じ仮想通貨ではありますが、目的や本質は違うということは抑えておきましょう。

ビットコインはこれからどんどん発展していくことが考えられています。
日本でもここ2年くらいでビットコインを取り巻く環境が整備されつつあります。
いまではビットコインで支払いすることができる店舗も増えました。
近い将来ほぼすべてのお店が対応する可能性も秘めています。

しかしアルトコインの場合は普及が遅れることが考えられます。
またアルトコインの中には世界標準になろうという意思の元に運営されていないものも多く、使用する国が限られ配布に関しても意図があるなどということがあります。
また中にはただ存在しているだけの無価値なコインもあるのです。
そのため日本の方がアルトコインを購入する場合には注意が必要です。
ビットコインも価格が一定ではないので初心者が購入する場合には同じく注意が必要となるでしょう。

ビットコインやアルトコインの購入には信用できるかどうかで判断するのが望ましいです。
将来性のあるアルトコインは価格も上がります。
ビットコインはやや高騰している側面はありますが、将来的なサービス普及も考えて投資するという選択肢もあるでしょう。